医薬品の個人輸入代行で大きなメリットとなるもの

医薬品の個人輸入代行を利用するときは、その医薬品がとある条件にあるとき国内で購入するよりも大きな金銭的なメリットとなります。
その条件の一つが健康保険の適応外であるときです。
というのも、適応外となると医薬品の購入は全額自己負担となってしまうからです。
もちろん、個人輸入代行を利用するときも全額自己負担となります。
一見どちらも同じように見えますが、医薬品の価格自体が全然違います。
国内で販売されている価格よりも1割から8割ほど安く購入することができるのです。
1割で購入できるとしたら、ある意味で健康保険の1割負担と同じ感覚となります。
輸送費や手数料がかかりますが、それを考慮したとしても格安であることに間違いはありません。
なぜ、医薬品によって価格にばらつきがあるかというと、購入する国の人件費・法律・為替レートなど、いろいろな要因によって値段が左右してくるからです。

個人輸入代行はそのなかでも一番安く購入できる国を選んで購入してくれることが多くあります。
また、医薬品を日常的に利用する人も個人輸入代行のメリットを多く受けることができるのです。
医薬品のなかには毎日利用しなくては効果がでないもの、頻繁に利用することが多いものがあります。
一日で使用する医薬品のコストはそれほどの差がないと感じるかもしれませんが、それを毎日利用するとなると一ヶ月単位、一年単位で見ていくと大きな差として現れてくるのです。

年間で数万円単位の差となることも少なくありません。
医薬品を国内で購入することから、個人輸入を利用するのに切り替えるだけでそれほどの負担を軽減できることになります。
そのため幅広い人々が利用しているのです。

実際に自分でインターネットを使って海外のバイヤーと取引をするには、少なくとも英語の知識が必要です。
また、そのバイヤーが信頼出来る業者なのかどうか判断するのは難しいと言えます。
近年、こうした需要を背景にインターネット上には多くの薬の個人輸入代行業者が登場しています。

引用元・・・薬の個人輸入代行の便利さと注意点

このように、医薬品の個人輸入代行は医薬品が健康保険の適応外・日常的に使われるもののとき大きなメリットを受けることとなります。
では、そのような医薬品はどのようなものがあるかというと、ED治療薬や育毛剤や避妊ピルなどが挙げられます。
育毛剤や避妊ピルなどは毎日服用もしくは使用しなくては効果がありませんし、ED治療薬は性行為をする前に服用しなくてはなりません。
しかも、直接健康や生命を脅かす病気を予防・改善するものではないため、保険の対象外となるケースが多いのです。
あくまで多いのであって、深刻な状況である場合は保険が適応されるときが稀にあります。

そのため、ED治療薬や育毛剤や避妊ピルなどを利用したいと思っている人は個人輸入代行を利用してみるといいでしょう。
個人輸入代行というと何だか難しいイメージを抱くかもしれません。
しかし、この利用方法はほとんどインターネットショッピングと大差はないのです。
ネットショッピングを利用したことのある人ならば、それほど抵抗を感じることもなく安心して利用することができるはずです。
そうすることで、家計の負担をかけることなくそれらの医薬品を日常的に利用することができるでしょう。

 

※追記・一言メモ

商品が届くのは約7日前後です。

import2